広島工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

広島工業大学
ホームページ

庄野 宏 (ショウノ ヒロシ,SHONO Hiroshi)

基本情報 研究分野 研究業績

 

著書
No.著書名(タイトル) URL, 担当区分, 出版社, 出版年月(日), 担当範囲, ISBN 
1
TAC管理下における直接推定法-その意義と課題-浅野謙治編 , 分担執筆, 恒星社厚生閣, 2000年04月15日, 第3章 トロール法, 9784769909132 

 

報告書等
No.報告書等名(MISCタイトル) URL, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
Transport, distribution and growth of larval patches of Pacific bluefin tuna (Thunnus orientails) in the northwestern Pacific Ocean , Bulletin of Fisheries Research Agency, 38,  81- 86, 2014年03月01日 
2
統計モデルとデータマイニング手法の水産資源解析への応用 [筑波大学学位審査論文] , 筑波大学, ,  1- 150, 2006年07月31日 
3
Some important factors in controlling fishing capacity of tuna fisheries , FAO Fisheries Technical Paper, 445,  91- 97, 2003年12月01日 
4
情報量規準TICとc-AICによるモデル選択の有効性 , 遠洋水産研究所報告, 38,  21- 28, 2001年03月01日 
5
情報量規準とステップワイズ検定の比較と水産資源解析への応用 , 遠洋水産研究所報告, ( 37), 1- 8, 2000年03月01日 

 

学術論文
No.論文タイトル(題目) URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日), DOI 
1
数理データサイエンス教育を鹿児島大学の全学必修分野として導入した経緯 , 鹿児島大学総合教育機構紀要, 4,  101- 116, 2021年03月,  
2
数理データサイエンス教育を鹿児島大学の全学必修導入に至る経緯と今後の見通し , 第68回九州地区大学教育研究協議会発表論文集, ,  158- 160, 2019年09月,  
3
スパースモデリングによる赤潮の発生予測 , 日本水産学会誌, 83( 5), 855- 855, 2017年09月01日, 10.2331/suisan.WA2456-6 
4
水産資源データ解析と予測モデル , 日本水産学会誌, 83( 5), 850- 850, 2017年09月01日,  
5
Application of support vector regression to CPUE analysis for southern bluefin tuna Thunnus maccoyii, and its comparison with convetional methods , Fisheries Science, 80( 5), 879- 886, 2014年09月01日, 10.1007/s12562-014-0770-6 
6
機械学習に基づく鹿児島近海に来遊するクロマグロ幼魚の漁獲量予測 , 計量生物学, 35( 1), 1- 15, 2014年08月01日, 10.5691/jjb.35.1 
7
南西諸島海域における浮魚礁とカツオ・マグロ類の移動 , 水産工学, 50( 1), 43- 49, 2013年07月01日, 10.18903/fisheng.50.1_43 
8
Distribution and trend in abundance of the porbeagle (Lamna nasus) in the southern hemisphere , Marine and Freshwater Research, 64( 6), 518- 529, 2013年05月, 10.1071/MF12272 
9
Relationship between the growth and survival of larval Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis , Marine Biology, 160( 3), 691- 702, 2013年03月01日, 10.1007/s00227-012-2124-1 
10
体長頻度データの年齢組成における有限正規混合分布のハイブリッド法成分数推定法 , 水産海洋研究, 76( 3), 115- 122, 2012年08月01日,  
11
Developing a management procedure robust to uncertaintyfor southern bluefin tuna: a somewhat frustrating struggle to bridge the gap between ideals and reality , Population Ecology, 52( 3), 359- 372, 2010年07月01日, 10.1007/s10144-010-0201-1 
12
In reply to the "Letter to the editor: Improving comparisons between models for CPUE (by Peter K. Dunn)" , Fisheries Research, 97( 1-2), 150- 150, 2009年04月01日, 10.1016/j.fishres.2008.12.020 
13
Confidence interval estimation of the CPUE year trend in the delta-type two-step model , Fisheries Science, 74( 4), 712- 717, 2008年08月01日, 10.1111/j.1444-2906.2008.01581.x 
14
Application of the Tweedie distribution to the zero-catch data in CPUE analysis , Fisheries Research, 93( 1-2), 154- 162, 2008年08月01日, 10.1016/j.fishres.2008.03.006 
15
統計モデルとデータマイニング手法の水産資源解析への応用[博士号論文] , 水産総合研究センター報告, 22,  1- 85, 2008年02月01日,  
16
Food and feeding habits of blue marlin, Makaira nigricans, around Yonaguni island, southwestern Japan , Bulletin of Marine Science, 79( 3), 761- 775, 2006年12月01日,  
17
モデル選択手法の水産資源解析への応用-情報量規準とステップワイズ検定の取り扱い- , 計量生物学, 27( 1), 55- 67, 2006年06月01日, 10.5691/jjb.27.55 
18
ニューラルネットワークによる水産資源解析-CPUE予測と要因分析の試み- , 計量生物学, 27( 1), 35- 53, 2006年06月01日, 10.5691/jjb.27.35 
19
Is model selection using Akaike's information criterion appropriate for CPUE standardization in large samples ? , Fisheries Science, 71( 5), 978- 986, 2005年10月01日, 10.1111/j.1444-2906.2005.01054.x 
20
CPUE標準化に用いられる統計学的アプローチに関する総説 , 水産海洋研究, 68( 2), 106- 120, 2004年06月01日,  
21
Efficiency of finite correction of Akaike's Information Criteria , Fisheries Science, 66( 3), 608- 610, 2000年08月01日, 10.1046/j.1444-2906.2000.00095.x 
22
Information inequalities in the non-regular case , 京都大学数理解析研究所講究録, 1007,  115- 138, 1997年08月01日,  

 

口頭発表
No.講演・口頭発表タイトル, URL, 発表機関, 発表年月日, 誌名, 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日) 
1
深層学習に基づく八代海の 赤潮発生日・終息日の予測, , 愛媛大学, 2020年01月08日, , ,  1- 1,   
2
深層学習を利用した気象データに基づく八代海の赤潮発生日および終息日の予測, , 福井大学, 2019年09月09日, , ,  12- 12,   
3
統計教育の現状と課題ーAI・数理・データサイエンス教育の導入に向けてー, , 九州大学, 2019年07月19日, , ,  10- 10,   
4
気象データに基づく八代海の赤潮発生予測, , 愛媛大学, 2019年01月18日, , ,  7- 7,   
5
気象データを利用した機械学習・深層学習による八代海の赤潮予測, , 東京大学大気海洋研究所, 2018年11月17日, , ,  70- 70,   
6
ディープラーニングを利用した鹿児島県におけるシラス漁況予測の試み, , 広島大学, 2018年09月16日, , ,  7- 7,   
7
南米ペルー沖におけるイカ類の漁獲効率解析, , 長崎大学, 2017年12月02日, , ,  12- 12,   
8
スパースモデリングによる赤潮の発生予測, , 東京海洋大学, 2017年03月30日, , ,  330- 330,   
9
鹿児島県におけるキビナゴ資源の絶対量推定, , 近畿大学農学部, 2016年09月09日, , ,  3- 3,   
10
Lp正則化を利用した気象データに基づく八代海の赤潮発生予測, , 東北大学, 2015年09月23日, , ,  3- 3,   
11
耳石安定同位体比からみた北西太平洋におけるキハダ Thunnus albacares の移動生態, , 東京海洋大学, 2015年03月, , ,  73- 73,   
12
PLS回帰を用いた気象データに基づく八代海の赤潮発生予測, , 九州大学, 2014年09月21日, , ,  7- 7,   
13
統計的機械学習に基づく気象データを利用した八代海の赤潮発生予測とブリ養殖業への影響評価, , 三重大学, 2013年09月20日, , ,  4- 4,   
14
統計的機械学習に基づくクロマグロ幼魚の漁獲量予測, , 鹿児島大学水産学部, 2013年09月06日, , ,  11- 12,   
15
干潟域におけるクルマエビの生残率の推定, , 水産大学校, 2012年09月, , ,  89- 89,   
16
統計的機械学習理論に基づく漁獲量予測, , 水産大学校, 2012年09月, , ,  10- 10,   
17
Distributional pattern of shortfin mako, Isurus oxyrinchus, by ontogenetic stage and sex in the western and central North Pacific, , Vancouver(Canada), 2012年08月, , ,  646- 647,   
18
傾向スコアによる漁獲効率解析, , 統計数理研究所, 2012年05月16日, , ,  77- 77,   
19
浮魚礁と魚の移動, , 鹿児島大学水産学部, 2012年05月, 2012年度 日本水産工学会 学術講演会 講演論文集, ,  249- 250, 2012年 
20
傾向スコアによる中西部太平洋まぐろ類まき網漁船の目合い効果の推定, , 長崎大学, 2011年09月, , ,  6- 6,   
21
環境科学のためのBayes統計学入門, , 鹿児島大学, 2011年09月, , ,  7- 7,   
22
アーカイバルタグによる、日本近海におけるメバチ、キハダの鉛直行動, , 東日本大震災のため中止, 2011年03月, , ,  頁番号の記載なし- 頁番号の記載なし,   
23
傾向スコアの水産資源解析への応用, , 大阪大学, 2011年01月, , ,  要旨集の頁番号記載なし- 要旨集の頁番号記載なし,   
24
水産資源データ解析におけるNUOPTおよびVMStudioの利用, , 東京都(六本木ヒルズ), 2010年11月, , ,  6pp- 6pp,   
25
傾向スコアによるまぐろ類の漁獲効率解析の補正の試み, , 大阪大学, 2010年11月, , ,  8pp- 8pp,   
26
An investigation of the relationship between bigeye tuna (Thunnus obesus) catch and three dimensional thermal structures, , Sendai-city, 2010年04月, , ,  122- 122,   
27
サポートベクター回帰によるCPUE解析、および年トレンド抽出法の提案, , 日本大学生物資源学部, 2010年03月, , ,  7- 7,   
28
傾向スコアによる漁獲効率の解析, , 統計数理研究所, 2010年03月, , ,  1pp- 1pp,   
29
Fish population analysis by neural network -Attempt for CPUE prediction and attribution analysis-, , Stanford University, 2009年06月02日, , ,  1pp- 1pp,   
30
ゼロ・データを多く含む非漁獲対象種のCPUE解析に利用可能なモデルの検討, , 統計数理研究所, 2008年09月, , ,  1pp- 1pp,   
31
ミナミマグロの管理方式の開発, , 東京大学海洋研究所, 2007年12月, , ,  9- 13,   
32
公海におけるマグロ類の資源管理:ミナミマグロの場合, , 江戸川大学, 2007年11月, , ,  53- 53,   
33
様々な統計モデルによる水産資源解析の実際, , 日本女子大学, 2007年09月19日, , ,  119- 126,   
34
CPUE解析におけるDelta型2段階法のモデル選択, , 東京海洋大学, 2007年03月, , ,  168- 168,   
35
公庁船まぐろはえ縄調査データによる中部北太平洋におけるハチワレCPUEの変動, , 東京海洋大学, 2007年03月, , ,  167- 167,   
36
統計モデルとデータマイニング手法によるCPUE解析, , 統計数理研究所, 2007年02月, , ,  1pp- 1pp,   
37
統計モデルとデータマイニング手法による水産資源解析, , 大阪大学, 2006年11月, , ,  1- 2,   
38
Tweedieモデルによる混獲データのCPUE解析, , 高知大学, 2006年04月, , ,  23- 23,   
39
ミナミマグロ管理方式の開発・国際漁業管理機関における数理モデルの使われ方, , 新潟大学, 2006年03月, , ,  147- 147,   
40
Application of Tweedie distribution to the CPUE standardization, , Institute of Statistical Mathematics, 2006年01月, , ,  1pp- 1pp,   
41
Tweedie ModelのCPUE解析への応用-ゼロ・キャッチの統一的な取り扱い-, , 統計数理研究所, 2005年11月, , ,  1- 1,   
42
ニューラルネットワークによるCPUE解析-予測と要因分析の試み-, , 東京海洋大学, 2005年04月, , ,  190- 190,   
43
マグロの明るい未来:ミナミマグロ管理方式の開発の全貌, , 大阪国際会議場, 2005年03月, , ,  209- 209,   
44
まぐろ類の資源解析に用いられる評価・管理手法について, , 統計数理研究所, 2005年02月, , ,  1pp- 1pp,   
45
インド洋メバチ資源の将来予測と資源管理, , 鹿児島大学, 2004年04月, , ,  30- 30,   
46
CPUE標準化の現状と課題, , 統計数理研究所, 2003年12月, , ,  1- 1,   
47
体長組成の年齢分解を例とした正規混合分布モデルにおける新しい推定方法(江口-吉岡の方法), , 統計数理研究所, 2003年06月, , ,  1pp- 1pp,   
48
CPUE標準化におけるモデル選択 ー応答変数が異なる場合のモデルの良さについて-, , 東京海洋大学, 2003年04月, , ,  112- 112,   
49
インド洋メバチの資源状況について, , 近畿大学農学部, 2002年04月, , ,  17- 17,   
50
体長組成の年齢分解を例とした正規混合分布モデルにおける成分数の新しい推定方法-フルモデルと構造モデルの融合-, , 近畿大学農学部, 2002年04月, , ,  19- 19,   
51
Sourthern bluefin tuna Experimental Fishing Program: results and speculations, , Lake Arrowhead, USA, 2001年05月, , ,  55- 55,   
52
海外まき網漁業(カツオ・まぐろ類対象)の漁獲効率に関する研究-1:まき網船の装備およびその変遷, , 日本大学生物資源学部, 2001年04月, , ,  15- 15,   
53
海外まき網漁業(カツオ・まぐろ類対象)の漁獲効率に関する研究-2:操業機器の効果を含めたCPUE標準化, , 日本大学生物資源学部, 2001年04月, , ,  15- 15,   
54
モデル選択手法の水産資源解析への応用:情報量規準とステップワイズ検定の取り扱い, , 富士教育研修所, 2000年10月, , ,  9pp- 9pp,   
55
操業機器の効果を取り入れた遠洋竿釣り・海外まき網船のデータによるカツオ資源のCPUE標準化, , 水産大学校, 2000年08月, , ,  37- 37,   
56
モデル選択における情報量規準とステップワイズ検定の比較と水産資源解析への応用, , 東京水産大学(現東京海洋大学), 2000年04月, , ,  21- 21,   
57
水産資源解析におけるモデル選択-情報量規準とステップワイズ検定の取り扱い-, , 東京大学海洋研究所, 1999年12月, , ,  15- 15,   
58
モデル選択における情報量規準の一致性-大標本の場合にどのような情報量規準を用いれば良いのか, , 東北大学農学部, 1999年10月, , ,  9- 9,   
59
Southern bluefin tuna Experimental Fishing Program, , Lake Arrowhead, USA, 1999年05月, , ,  60- 60,   
60
混合分布におけるコンポーネント数の推定-体長組成の年齢分解を例として-, , 東京水産大学(現東京海洋大学), 1999年04月, , ,  28- 28,   
61
情報量規準AICにおける有限修正の有効性-CPUE標準化(一般化線形モデルを例として), , 東京水産大学(現東京海洋大学), 1999年04月, , ,  29- 29,   
62
ミナミマグロ調査漁獲の概要, , 東京水産大学(現東京海洋大学), 1999年04月, , ,  27- 27,