広島工業大学

研究者情報データベース

日本語 English

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

広島工業大学
ホームページ

松川 弘 (マツカワ ヒロシ,MATSUKAWA Hiroshi)

基本情報 研究分野 研究業績

 

著書
No.著書名(タイトル) URL, 担当区分, 出版社, 出版年月(日), 担当範囲, ISBN 
1
ゲオルクの死 , 単著, 鳥影社ロゴス企画, 2009年07月20日, , 4862651879 
2
生のかたち死のかたち―ドイツ文学・思想にみる生と死 , 共著, 北樹出版, 1998年10月01日, , 4893846760 
3
ライプニッツ―その思想と生涯 , 共訳, シュプリンガー・フェアラーク東京, 1996年12月25日, , 4431707069 
4
フィクションとコミュニケーション―散文の理論のために , 単訳, 青山社(相模原), 1995年10月23日, , 4915865290 
5
ドイツ 言語文化と社会―作家・思想家たちの軌跡 , 共著, 北樹出版, 1994年02月10日, , 489384332X 

 

学術論文
No.論文タイトル(題目) URL, 誌名(出版物名), 巻( 号), 開始ページ- 終了ページ, 出版年月(日), DOI 
1
ヴァルター・キリー著「寓意と擬人化(1)」(翻訳) , 広島工業大学紀要(研究編), 56,  109- 114, 2022年03月,  
2
ヴァルター・キリー著「寓意と擬人化(2)」(翻訳) , 広島工業大学紀要(研究編), 56,  115- 121, 2022年03月,  
3
オイゲン・ゴットロープ・ヴィンクラー著『トリナクリアの回想』(翻訳と解説) , 広島工業大学紀要(研究編), 56,  123- 133, 2022年03月,  
4
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・8) , 広島工業大学紀要(研究編), 53,  239- 248, 2019年02月01日,  
5
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・9) , 広島工業大学紀要(研究編), 53,  249- 258, 2019年02月01日,  
6
リヒャルト・ベーア=ホフマン箸『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・10) , 『広島工業大学紀要・研究編』, 53,  259- 268, 2019年02月01日,  
7
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・5) , 広島工業大学紀要(研究編), 52,  157- 166, 2018年02月01日,  
8
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・7) , 広島工業大学紀要(研究編), 52,  177- 186, 2018年02月01日,  
9
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・6) , 広島工業大学紀要(研究編), 52,  167- 176, 2018年02月01日,  
10
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・1) , 広島工業大学紀要(研究編), 51,  191- 200, 2017年02月01日,  
11
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・3) , 広島工業大学紀要(研究編), 51,  211- 220, 2017年02月01日,  
12
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・2) , 広島工業大学紀要(研究編), 51,  201- 210, 2017年02月01日,  
13
リヒャルト・ベーア=ホフマン著『シャロレ伯爵』(翻訳と解説・4) , 広島工業大学紀要(研究編), 51,  221- 230, 2017年02月01日,  
14
フリード・ランペ著『九月の雷雨』(翻訳と解説・1) , 広島工業大学紀要(研究編), 49,  115- 124, 2015年02月16日,  
15
フリード・ランペ著『九月の雷雨』(翻訳と解説・2) , 広島工業大学紀要(研究編), 49,  125- 134, 2015年02月16日,  
16
フリード・ランペ著『九月の雷雨』(翻訳と解説・3) , 広島工業大学紀要(研究編), 49,  135- 143, 2015年02月16日,  
17
フリード・ランペ著『夜の果てに』(翻訳と解説・1) , 広島工業大学紀要(研究編), 47,  169- 177, 2013年02月01日,  
18
フリード・ランペ著『夜の果てに』(翻訳と解説・4) , 広島工業大学紀要(研究編), 47,  199- 208, 2013年02月01日,  
19
フリード・ランペ著『夜の果てに』(翻訳と解説・3) , 広島工業大学紀要(研究編), 47,  189- 198, 2013年02月01日,  
20
フリード・ランペ著『夜の果てに』(翻訳と解説・2) , 広島工業大学紀要(研究編), 47,  179- 188, 2013年02月01日,  
21
フリード・ランペ著『夜の果てに』(翻訳と解説・5) , 広島工業大学紀要(研究編), 47,  209- 217, 2013年02月01日,  
22
オイゲン・ゴットロープ・ヴィンクラー箸『ある旅の伝説』(翻訳と解説・1) , 広島工業大学紀要(研究編), 43,  435- 442, 2009年02月01日,  
23
オイゲン・ゴットロープ・ヴィンクラー箸『ある旅の伝説』(翻訳と解説・3) , 広島工業大学紀要(研究編), 43,  453- 461, 2009年02月01日,  
24
オイゲン・ゴットロープ・ヴィンクラー箸『ある旅の伝説』(翻訳と解説・2) , 広島工業大学紀要(研究編), 43,  443- 451, 2009年02月01日,  
25
ベーア=ホフマンとユーデントゥーム--「ダヴィデ王物語」にいたる道程-- , オーストリア文学, ( 24), 46- 55, 2008年03月31日,  
26
フリード・ランペの『9月の雷雨』 , ドイツ文学論集, ( 38), 49- 57, 2005年10月31日,  
27
オイゲン・ゴットロープ・ヴィンクラー箸『現代のシュテファン・ゲオルゲ像』(翻訳と解説) , 広島工業大学紀要(研究編), 39,  461- 468, 2005年02月01日,  
28
フェーリクス・ハルトラウプについて--『戦中日誌』を中心に-- , ドイツ文学論集, ( 36), 23- 32, 2003年10月31日,  
29
あるロマニストの肖像--カール・オイゲン・ガスについて-- , 広島工業大学紀要(研究編), 37,  269- 274, 2003年02月01日,  
30
フリード・ラムペについて--生誕100年の記念日によせて-- , ドイツ文学論集, ( 33), 57- 66, 2000年10月30日,  
31
批評家フェーリクス・ザルテン , オーストリア文学, ( 16), 26- 33, 2000年03月31日,  
32
フリード・ラムペの『夜の果てに』 , ドイツ文学論集, ( 30), 1- 9, 1997年10月31日,  
33
劇作家としてのリヒャルト・ベーア=ホフマン , オーストリア文学, ( 11), 9- 17, 1995年03月31日,  
34
E.G.ヴィンクラー再考 , ドイツ文学論集, ( 27), 69- 77, 1994年10月30日,  
35
Hugo von Hofmannsthals "Die Frau ohne Schatten" (3) , 広島工業大学研究紀要, 28,  11- 21, 1994年02月01日,  
36
Hugo von Hofmannsthals "Die Frau ohne Schatten" (2) , 広島工業大学研究紀要, 27,  53- 63, 1993年02月01日,  
37
Hugo von Hofmannsthals "Die Frau ohne Schatten" (1) , 広島工業大学研究紀要, 26,  11- 21, 1992年02月01日,  
38
物語作家としてのオイゲン・ゴットロープ・ヴィンクラー , ドイツ文学論集, ( 24), 29- 36, 1991年10月05日,  
39
ゲオルク・ミヒェル編著『文体研究の方法』(翻訳・その6) , 広島工業大学研究紀要, 25,  151- 158, 1991年02月01日,  
40
ゲオルク・ミヒェル編著『文体研究の方法』(翻訳・その5) , 広島工業大学研究紀要, 24,  33- 45, 1990年03月01日,  
41
ゲオルク・ミヒェル編著『文体研究の方法』(翻訳・その4) , 広島工業大学研究紀要, 24,  23- 32, 1990年03月01日,  
42
ゲオルク・ミヒェル編箸『文体研究の方法』(翻訳・その2) , 広島工業大学研究紀要, 23,  51- 62, 1989年03月01日,  
43
ゲオルク・ミヒェル編著『文体研究の方法』(翻訳・その3) , 広島工業大学研究紀要, 23,  63- 74, 1989年03月01日,  
44
語りの研究の諸問題(四):フィクションと現実 , 広島工業大学研究紀要, 22,  27- 32, 1988年03月01日,  
45
ゲオルク・ミヒェル編箸『文体研究の方法』(翻訳・その1) , 広島工業大学研究紀要, 22,  17- 26, 1988年03月01日,  
46
世紀末の夢の諸相--べーア=ホフマンの『ゲオルクの死』とホフマンスタールの『672夜の物語』をめぐって-- , 広島ドイツ文学, ( 2), 36- 52, 1987年02月25日,  
47
リヒャルト・ベーア=ホフマンの『ゲオルクの死』について , オーストリア文学, ( 2), 10- 17, 1986年03月31日,  
48
語りの研究の諸問題(三):フィクションとコミュニケーション , 広島工業大学研究紀要, 19,  15- 25, 1985年03月01日,  
49
ペーター・ハックスの『嬰児殺しの女』改作について , 広島工業大学研究紀要, 18,  11- 19, 1984年03月01日,  
50
ヴァルター・キリー箸『読書について』(翻訳と解説) , 広島工業大学研究紀要, 18,  21- 31, 1984年03月01日,  
51
ホフマンスタールの『エジプトのヘレナ』について , ドイツ文学論集, ( 16), 38- 46, 1983年11月,  
52
語りの研究の諸問題(二):Stanzel理論の展開 , 広島工業大学研究紀要, 17,  25- 36, 1983年03月01日,  
53
語りの研究の諸問題(一):Franz K. Stanzelの『語りの理論』をめぐって , 広島工業大学研究紀要, 16,  57- 67, 1982年03月01日,  
54
ホースマンスタールの『騎兵の物語』について , ”Sprache und Kultur", ( 15), 121- 129, 1981年02月,  
55
ホフマンスタールの『塔』における「業」(カルマ)の理念 , ドイツ文学論攷, ( 22), 21- 38, 1980年12月25日,  
56
『影のない女』--ホーフマンスタールにおけるメールヘンと現実-- , ”Studium", ( 9), 1- 15, 1980年12月10日,  
57
『アンドレーアス』あるいは今日教養小説を書くことの困難さ , ”Sprache und Kultur", ( 14), 71- 82, 1979年10月31日,  
58
杢太郎とホーフマンスタール--明治・大正期におけるホーフマンスタール受容の一側面-- , ”Studium", ( 8), 71- 82, 1979年09月15日,